スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いんぱくと

さて、『ネジマキチョウチョ』の直しを始めるとするか。
去年の五月に“Talents”受賞したやつ。
ようやく最近になって、何が問題だったかわかってきた。

そういえばネジマキチョウチョのとき一緒に受賞した、森野樹さん『レッドアローズ』の表紙が公開されてるね。
“Powers”受賞作だけあって、出版するのが早い。

――と思いきや、挿絵がヤスダスズヒトさんだって!?
ダンゲロスのイラストに左さんを起用したときは驚いたけど、今回もまた驚いたよ!
Powers BOX はイラストレータに気合入れてるな~。

実を言うと私は、森野さんに会ったことがある。
何だか、ものすごく不思議なオーラを放つ人だった。
BOX-AiR に『非現実さん』という森野さんの作品が掲載されているけど、あれも不思議なオーラを放つ作品だった――。
『レッドアローズ』もそういうオーラな作品なんだろうか。
あらすじや座談会を読む限り、バカスポ根ものという感じがするのだけど。

非常に気になる一冊だ。


GOSICKの第八話を観たよ。
メイドさんの言動が、非常に面白かったと思う。
「じゅげむ」に怖がりすぎだって!

これはあれだね。
『八つ墓村』に出てくる、濃茶の尼だね。
「たたりじゃ~っ!」って叫んでいた人。

『八つ墓村』は、本当にインパクトの強い事件や人が出てくるから好きだ。
そういえばコミック版『屍鬼』も色々とインパクトが強かったが、確実にウケた一因にインパクトがあると思う。
ネタにされるほどのインパクトの強さって大事だよね。



一番最後に出てくる松竹映画のが一番評判いいんだけど、私はどちらかというと市川昆のが好きなんだよね。
松竹映画版は舞台が現代で雰囲気薄いけど、市川昆は演出が天才的。
しかし、映画的には失敗で終わっちゃったのかなあ――。

この動画でも、市川版は何だか狙ったように出血が多いし。


わぁい!vol.4わぁい!vol.4
(2011/02/25)
不明

商品詳細を見る


創刊号から買ってるけど、毎号おんなじことしかやってないように思う。
男の娘の出てくるアニメとか紹介して、漫画を載せて、ちょっとした女装講座を載せる。
あと、フロクがちょっと残念。

けれども次号も買っちゃうんだろうな。
だって――堂々巡りなのに、誌の内容自体はとてもいいんだもの。

あとこれで初めて知ったんだけど、『30歳の保健体育』ってアニメ化するのか!


コメ返

シュウ
おお、ありがとう。

何とか直ったよ。
電源ボタン押し続けたら、一応切れることには切れた。
もう一度電源押したら変な文字が出てきたけど、何とか大丈夫だった。
今は正常に作動している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

『レッドアローズ』面白そうですよね。とりあえず購入予定です。うー、BOXがどんどん溜まっていく……。
Powers BOXの力の入れようには目を見張ります。ヤスダさんが起用されると知ったときは驚きましたよ。

インパクトにも種類はありますが、総じて感心させられるものって面白いですよね。「よくこんなアイディアを思いついたなー」とか「こうきたかー」とか。
特に新人賞応募作だと絶対的に必要だと言っても過言じゃないですよね。
効率よくインパクトを与える方法を私も研究しないといけません。

No title

オーラ>
作者の人と話してみると、作品の随所に本人の人となりが滲みでてるなぁーってのはありますよね。
きっとオーラ放ってるでしょう…放っているとも…!

堂々巡りなのに、誌の内容自体はとてもいいんだもの>
飲食店で、いっつも頼むメニューに結局してしまう様な感覚…
「いつも同じ味になるのに、この料理はとても美味しいんだもの」的な物を感じるなぁ。

No title

自分の作品は時間置くと何が問題とかよくわかるよな
俺も過去自分が作った台本見てなんど唸ったことか・・・・
なーんでこんなこと書いたんだろう・・・とかなぁ・・・あぁ、無念だ

マジカ!?すっげぇ!!
ヤスダさんかよ!あの人は有名イラストレーターといって過言ではないぞ!?
本当に力入れてるな、BOX
でも、運命少女のレイターさんである『しらび』さんも結構絵上手かったけどな
左にちょっと似てたヨ
有名になるといいなぁ、二人まとめて

あーあれは確かにw
まさか『あの世の言葉』がジュゲムとはw
見ててシュールだったわww

それはAAって意味でですか?w

サクラ女装癖があるんだっけか?
だから男の娘が好きだったんだよな?
というか最近そういうの多いネ
秀吉いいよ秀吉
プロフィール

千石サクラ

Author:千石サクラ
◆1993年3月30日生。B型。
鳥取県出身、京都市在住。
高校在学中、講談社にて新人賞を三つ受賞する。電子書籍『BOX-AiR』に処女作が掲載され、作家となる。
◆高校を卒業後、上洛する。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

現実の非常口

がたごとミュージック!

空の向こうにいきたいな
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。