FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冗談みたいな顔

一昨日から三重が治らない。

実を言うと、私は奥二重なんだ。
目の半分から、外側にかけて二重。
内側の二重は一重目に隠れてる。

その隠された二重目に、一昨日から深い皺が刻まれている。
要するに、隠れ三重だね。

左目だけの話なんだけど。

まつ毛が接着剤で瞼に貼り付けられたような感覚。
気持ち悪い。
どうにかして治したいんだけど、何か手立てはないだろうか。


妹と実家へ行ってきた。
定期的に顔を見せることにしているし、BOX-AiRも見せなければいけない。
そして私は iPad の使い方が分からないのだ。

祖母が BOX-AiR 読んでいるあいだ、私は恥ずかしいから昔の父の部屋を物色していた。
そしたら、小中高の父の卒業文集と、結婚した時のアルバムが出てきた。

それを妹と祖母の所へもっていって、顔の批評大会。
小学校の父の写真を妹に見せて、「これだーれだ?」と訊いたら「あんたじゃない」と断言された。
写真の古さから気づけよお前。

中学時代の父は私と全然似てなかったのだけど、高校時代は似ていた。
たぶん私と父の違いは、縄文顔と弥生顔の違いなんだろう。

妹と、高校の顔はないだの中学校の顔はいいだの議論していたら、結婚式の顔でビックリした。
石田純一ルシフェルを足して二で割った感じ。
冗談抜きで。
冗談に聞こえるかもしれないけれど。

今あの人は女々しく髪を伸ばし、あまつさえ染髪している。
しかしこの頃は短い黒髪をバシッと立てて、前髪が二本くらいチョンチョンと出ていた。
まあ、そこまで整えていたのは結婚式だったからかもしれないけどさ。

中学校から順を追って、結婚式の姿をすっとばして今になったなら納得できるが。

結婚前の父はモテにモテたらしい。
チョコレートは食べきれないほど貰ってきたし、ファンクラブができたという話も聞く。
――今でもやたらたくさん貰ってくるんだけどね。

父が初めて本を出したときは、すでに茶髪だったらしく、著者近影にオールバッグ+葉巻をくわえて写ってた。
しかしそれは本人にとって、物凄く恥ずかしい思い出だったらしい。

私も BOX-AiR 記者会見で恥かいた。
緊張していたのもあるが、膀胱が破裂しそうだったんだもん。
顔面蒼白で引きつった顔が某所に掲載されたときは、死にたくなった。

しかし父が結婚当時あの容姿だったのだから、私も頑張る。


祖母から祖父の話を聴いたのだけど、祖父もまた変な人だったらしい。

鏡の前に長時間居座り、毎日髪を整えていたんだとか。
ビシッと七三に分けただけじゃなく、前髪の何本かを美しく垂らす髪型。
漫画の中の教師みたいなの。

鏡台の上には、祖父の整髪料やら化粧水やらがたくさん並んでいた。
祖母はそんな祖父の脇の下から鏡を覗き、化粧をしていたのだという。

そしたらある日、祖母の友人が家に来て、
「化粧品がたくさん並んでるってことは、いい嫁さんを貰ったってことだよ~」と言ったのだという。


コメ返

シュウ
だから、それは徳宮さんが描くんだって!
まあ、確かにイラストも描いてるけれど。

いや、一昨日まできれいに融けてた。
けれど、また雪が降ってきたんだよね。
マジ勘弁ってな感じだけど。

偏頭痛にかかっているのか。
ちらし寿司を食べたら治ると思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

それは大変?だな
それがどのような悪影響を与えるか知らんが
変な感じがするならそれは災難ダナ
早く治ればええのぉ
あ、ちらし寿司食えば治るかもよ?

どんな差だよwwww
あんまし差を感じないんだがwww
せめて、日本人と韓国人くらいは言って欲しい

どんな顔wwwねぇ、それどんな顔?www
見て見たいなぁ、それはwwwwww

わぁあ、お父様モテモテじゃないですか!
さぞリア充だったことで・・・うぅ、妬ましい
というかお父様も作家なん?
作家家系やね、サクラの家は

ナルシストだったんじゃない?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も奥二重ですけど、三重になることはたまにありますね。
そういうときは睫毛をずっと引っ張ったりしてますが、あまり効果ないんで自然に治るのを待っています。

石田純一とルシフェルを足して2で割った顔で笑ってしまいました。
どういう顔ですかそれ。
でもそれは本当にイケメンですね。

というか、今更なのかどうかわかりませんが、お父様も本を出してらっしゃったのですか?
知りませんでした。

No title

私は細かいところは違えど、根本的なところがオヤジに似てるので、どんどん同じになってきてますw
ファッションセンスの…駄目さとかもね!!
プロフィール

千石サクラ

Author:千石サクラ
◆1993年3月30日生。B型。
鳥取県出身、京都市在住。
高校在学中、講談社にて新人賞を三つ受賞する。電子書籍『BOX-AiR』に処女作が掲載され、作家となる。
◆高校を卒業後、上洛する。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

現実の非常口

がたごとミュージック!

空の向こうにいきたいな
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。