スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題

昨日、今日は色々と忙殺されていた。
まず、『Spica-スピカ-』の配信があったし、京都に移住する話で父との関係が悪化してた。
ようやく今になって、一段落ついた感じ。

私が今まで何に頑張ってきたかというと、『Spica-スピカ-』を縦書きで配信しようとしていたところ。
しかし、次の配信こそは縦書きで――!

同人誌制作が終わったから、ようやく『Fortune Girl』第二話を完成させることができる。
三話の制作も進めてほしいと言われてたところだし。


塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
(2010/01/23)
有川 浩

商品詳細を見る


絶賛に値する内容。

塩害により、社会が崩壊しかけた世界。
その崩壊寸前の東京で暮らす二人を、様々な人が通り過ぎてゆく。
あるときは激しく、あるときは穏やかに――。

最初読んだとき、これは私の苦手な作品かもしれない、と思ったんだよね。
しみじみと悲しい雰囲気の漂う、毒気のない恋愛話。
けれども読んでいくうちに、みるみる世界が変わっていった。
その、変わっていく過程が上手い。

毒にもならないかと思っていた二人の関係が、いい毒を出している。

たとえば主人公の少女は、世界がどうなってもいいほど好きな男がいる。
けれども本人は自分を犠牲にしてでも、世界を救いたいと思っている。
それと同じように、自己中心的な理由で塩害を止めさせたくなかったり、止めさせたかったりする人たちの人間ドラマがあるから面白い。
実質人間ってこうだよね、と共感させられるところが多々あった。

あとは、緩やかな終焉を感じさせる、雰囲気がいいね。


コメ返

ヒプホさん
頑なな人たちですからねー。
父はたまに冷淡なくらいですから。

> 仕事
むしろ原因は、「失われた二十年」にあると思うんですよね。
二十余年前バブル経済が崩壊して以来、子供たちはケチな大人を多く見て育ってるんですよ。
できるだけ安いものを買おうとする大人とか。
そういう大人を見て育った子供が、「慎ましく生きよう」と考えるひとに育ってもおかしくないんですね。
――要するに、「平凡だけど満たされてればいい」っていう人です。

だから、平凡以下の仕事ができないんですよ。
言い方は悪いですが、嫌な仕事ができない。

私の高校は、とにかく校則が厳しかったですね。
その代り企業からの信頼が絶大で、内定率が九割を超えてました。
そこまでして就職しようとする人が、少なくなってきているのかもしれない、と思うところです。

> わぁい!
それじゃおちんちんランドじゃないですか;;

> 千羽鶴
知らない可能性が高いです。
だから問題なんですよ。


稲羽さん
> スピカ
ありがとうございます^^

うーん、私もよく解らないんですよね。
職業と顔を知ってる程度で、私も稲羽さんと変わりないですよ。


つかボンさん
そうですね。
今とあまり物価は変わらなかったそうですが、父はそれで暮らしていたそうです。
ちなみに、家賃は二万八千円だったとか;;

これも皆さんの力添えがあったからですよ!
まあ、まだまだこれからだったりするんですけどね。
次のスピカは、もうちょっと早く完成させたいと思っていますし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

平凡以下の仕事ができない>
平均以上の仕事に対しては妬みをぶちまけて、平均以下の仕事には「卑しい仕事」扱いして、つまらんプライド守ってる様な人間見てればそりゃあそうなるか…
そういうちっぽけな器の人は、個人では恐れる程の脅威でもない人間でも、「群れ」ますからねぇ…

多勢に属して悦に浸る卑怯なタイプの人間が地獄を見る、そんな「革命」といいますか「下剋上」的な世界を見て見たい物です。

千羽鶴>
ぶっちゃけ、貰った側からすれば「捨てるのもアレだけど場所も取るし…」っていう類のもんですしねぇ…
亡くなった人への贈り物とか、『折った側が救われないとやっていけない』っていうシチュエーションで無いと、気持ちの押し売りになる気がします。

No title

塩の街、そこまででしたか。
正直自分としては海の底>空の中>塩の街といったランクづけなんですが。
とは言っても有川浩は外れの無い作家ですし、塩の街も面白かったんですけどね。

もし興味を持たれたら、自衛隊三部作の他にも「クジラの彼」「阪急電車」「図書館戦争」「ストーリーセラー」などなどオススメ作品がたくさんありますのでまた是非。
絶対に有川浩が好きになると思います。
プロフィール

千石サクラ

Author:千石サクラ
◆1993年3月30日生。B型。
鳥取県出身、京都市在住。
高校在学中、講談社にて新人賞を三つ受賞する。電子書籍『BOX-AiR』に処女作が掲載され、作家となる。
◆高校を卒業後、上洛する。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

現実の非常口

がたごとミュージック!

空の向こうにいきたいな
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。