FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免許とったー

運転免許下りたー。
これでやっと公道をマニュアル車で走れるようになったわけだ。

オートマだけは運転せーん。


『BOX-AiR』02号の表紙が来ているね。
第2回受賞作の2話が掲載されるのか。

FG第2話は、03号に掲載される予定。
本当は02号掲載される筈だったんだけど、やむにやまれぬ都合上03号掲載になった。
これは私のせいでも、誰のせいでもない。
まあ、悔しさがないかといえばそうでもないけど。

今はそれを動力として、FG第3話を書くとするよ。
このロスタイムを吹き飛ばすようなのを書いてやるんだ。

ちょうど今、第2話のラフが届いたところだし。
書き手の元気はここから来るね。


江戸城再建を目指す会

この人らは何を考えているんだ。

思うんだけど、復元したら文化財が文化財じゃなくなっちゃうんじゃないかな。
私は城が好きで結構行くんだけど、復元天守ほど野暮なものはなかった。
ただのコンクリートでできた博物館じゃん。

現存天守12城のなかで、私は松江城と姫路城へ行ったことがある。
古い木造建築の風情とか、敵を撃退するための仕組みとか、色々な発見があって面白かった。
しかし大阪城と岡山城ほど無粋なものはなかった。
特に大坂城の、あのエレベーターは許せない。

何が観光立国だ。
最近、この言葉が一番癇に障る。
だって、とことんまで受け身じゃんか。

確かに江戸城行ったときは、「広いだけで何もないなー」って思ったよ。
けれども昔、そこには御殿があったんだよね。
明暦の大火で江戸城が焼けたとき、「天守は物見櫓程度で役に立たんだろ」っていうことでスルーされたけど、当然ながら政庁は再建された。
天守閣が建っただけで「ヤター! 江戸城復元されたよ!」はないだろう。

ビル群のなかで天守だけ再建されて「平和の象徴」とか言われてもなあ。

というか、平和の象徴から国民統合の象徴を見下ろすつもりかよ。
どちらかというと、天守は幕府の象徴だろうが。
場所くらい考えろって。


コメ返

ヒプホさん
午前中にですか。
さすがに台風というほどではないですが、こっちもそんな感じです。
朝は清々しいほど晴れ渡っていたんですけどね。
いきなり、なにがあるか分からないもんです。


シュウ
ああ、最低でも本が出るまで生きてもらわなきゃ。
本人もその人待ちわびてるらしいし。

高いよな。
テスト受けるのに、なんでこれだけ金がかかるんだろうな。
とりあえず、今日は受かってきた。

え、全国レベルだったの?
まあ、たんなる豪雨レベルじゃ日本は傾かんよ。
東北の被災地は心配だけどな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

天守閣>
歴史と伝統を重んじてるふりして、その実、自己満足を満たす手段にしかしてない臭いがプンプン。
景観も考えずに立てても、見栄えがすこぶる悪いっての!

大阪城は、なんか大阪っていう節操のない風土を考えると、ある意味「らしい」姿のように思えて受け入れてたなー
文化財としてより、観光名所としての認識が強かったからなんだろうけど。

No title

「歴史と伝統を守る」とか「歴史と伝統を重んじる」って言葉が実はあまり好きではありません。江戸城再建を目指す会の人たちのように、本質を見誤って使われることが多いからです。言葉自体に罪はないんですけどね。
しかし、「江戸城天守の再建が実現したら、東京の都市景観は一変するでしょう」って、本気で言ってるんでしょうか。
まあ、悪い方向には一変しそうですが。

大阪城は私も行きましたが、エレベーター見たときは思わず笑ってしまいました。
というか大阪城は、中より外のほうが文化的価値があったような気がします。

No title

因みに名古屋城には外側に寄生するかの如く、ずぼーんと鉄筋コンクリート製のエレベーターがついてて
浜松城は内部が完全コンクリートでまるで公民館の趣ですぜ
プロフィール

千石サクラ

Author:千石サクラ
◆1993年3月30日生。B型。
鳥取県出身、京都市在住。
高校在学中、講談社にて新人賞を三つ受賞する。電子書籍『BOX-AiR』に処女作が掲載され、作家となる。
◆高校を卒業後、上洛する。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

現実の非常口

がたごとミュージック!

空の向こうにいきたいな
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。