FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るい都市計画

今日はまず三十三間堂へ行ってきた。
あの、千手観音がずらーっと並んでいるところ。
しかも一体一体が違う顔をしているという。
――確かに、最近の萌えキャラくらい違う顔をしていた。

と、罰当たりなことを書いたけど、ここは昨日の伏見稲荷くらいすごい場所だった。
まるで極楽浄土を垣間見たような気分になる。
仏像の多さからくる雰囲気もそうだけど、木彫りの神像のリアリティというか、迫力がすごい。

いや、写真では感じられない凄まじさがあったね。


次に向かったのは、昨日行き損ねた平安京創生館
どこにあるんだと必死で地図やネットを見比べていたが、結局は京都市図書館に(隣接して)存在しているのであった。

ここに展示してあるのが、歴史の教科書でお馴染みの平安京の模型
写真も撮ったのだけど、ここではUPできないからユルシテ――。

さて、係のお爺さんに色々と質問をぶつけてみた。

Q.鴨川(平安京の東を流れている川)といえば、よく氾濫する暴れ川だったそうですね。この模型には堤防とかが見られませんが、治水はどのように行われていたのですか?
A.何もされていませんでした。洪水のときは都が水びたしになっていました。

Q.東寺と西寺(都の南にある二つの寺)に挟まれた部分が空き地となっていますが、何故ですか? 何か、祭事が執り行われていた場所とかだったのでしょうか?
A.発掘できず分からなかっただけです。

Q.平安京には、「西市」と「東市」しか市場がなかったそうですね。それでは市場から遠くの人にとって、不便ではないのですか? 何か対策がry
A.一日がかりくらいで買い物をしていました。

ありがとうございました。すごく勉強になりました。


その後は、西陣まで取材に行っていた。
第三話目の Fortune Girl には、西陣が出てくるから。


コメ返

シュウ
いや、電波で接続するサービスがある。
けれど、色々と問題があってできなかった。

> 取材
いや、京都の小説を書くにしても、空想だけじゃある程度しか書けないでしょ?
だから実際の京都を視てきて、よりリアリティに書くんだよ。
それに今回は、実際に小説に出す場所へ行ってきたわけだし。

> 霊験
まあ、伏見稲荷大社は大丈夫でしょ。
罰当たりなことをしなければ、お稲荷様はありがたい神様だし。
山から下りてきたときには、結構清々しい気分になった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仏像とかって、生で見ると「凄い時間と集中力とを費やして練り上げた作品なんだなー」っていう凄みがありますよね。
「作品に費やした手間は裏切らない」ってことを思い出しました。

洪水のときは都が水びたしになっていました。>
一日がかりくらいで買い物をしていました。>
昔の人ら「あ?んなもん根性だよ根性、甘えんな。」
今の生活が便利すぎるから想像の範疇から外れてるけど、まぁそりゃあ気合いでなんとかしてたんだろうなーって話ですねw

発掘できず分からなかっただけです。>
凄く納得が行くと同時に身も蓋もないと思ってしまう…w
プロフィール

千石サクラ

Author:千石サクラ
◆1993年3月30日生。B型。
鳥取県出身、京都市在住。
高校在学中、講談社にて新人賞を三つ受賞する。電子書籍『BOX-AiR』に処女作が掲載され、作家となる。
◆高校を卒業後、上洛する。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

現実の非常口

がたごとミュージック!

空の向こうにいきたいな
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。