スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の綾取り

ネットカフェにあまりお金遣いたくないし、ネット環境が悪いからあまりブログとか廻れてない。
ごめんねー。

今日は哲学の道京都御苑で小説を書いていた。
その合間に銀閣寺へ行ったりもしたけれど。
どちらかというと、京都御苑のほうが執筆しやすかったかな。
哲学の道は自然が豊かすぎて、蟲とかブンブン飛んで来るから。

銀閣寺へ行くのは今度が二度目だった。
去年の夏に、金閣寺へ行った「ついで」に立ち寄ったんだよね。
けれど実際行ってみて、色々と価値観変わったわ。
金閣寺は全く古さが感じられないし、成金趣味みたいで下品だった。
その反面、銀閣寺は古き良きはんなりした建物だった。
実物を視て、銀閣より金閣を有難がる奴は所詮庶民だよ。

午前中は哲学の道で、午後からは京都御苑。
明治時代まで日本の首都は京都で、天皇が住んでいたのは多くの人が知るところ。
その皇居である京都御所を中心に、緑豊かな御苑が広まっている。

――へえ、奠都する前は、結構薄い壁の中に陛下はおられたんだなあ。
そう思って軽く御所の壁を触った時の事だった。
いきなり、ジリリリリリリリ!! って警報が鳴った。
警官隊が駆けつけて、尋問されるかと思った。

けれども実際は、「御所の壁に近づくな!」とアナウンスが鳴っただけだった。
そういえば、今もここは皇居でしたか――。

実を言うと、今でも日本の首都は京都ではないかという議論がある。

京都の人っていうのは伝統を重んじるから、東京へ奠都するときも揉めたんだよね。
だから当時の役人が、
「遷都じゃなくって奠都だよー。一時的に天子様を江戸に滞在させるだけだからね?」と京都の人々を宥めた。
そしてチャンスを見計らって正式に「遷都」を宣言するはずが、色々とウニャムニャのまま今に至る。

この精神は、
「軍隊じゃなくて自衛隊だよー。戦争する部隊じゃなくて自衛する部隊だからね?」と説明する今の役人に受け継がれている。


コメ返

ヒプホさん
> 仏像
やはり製作者の思い入れというのが凄かったのでしょう。
そういうところに敬意も込めて、手を合わさせて頂きましたよ。

> 洪水
市場はその通り根性だったんでしょうが、洪水は当時の人としても深刻な問題だったようですよ。
歴代の天皇や権力者が悩んでいて、治水専門の役職とかあったみたいです。
けれど結局堤を築いたのは、何百年も後の豊臣秀吉なんですよね。
何 で 堤 防 を 造 ら な か っ た! っていう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

金閣より銀閣>
小学校の修学旅行の時は、銀閣は絶対「銀ピカ」だと思ってたので、「なんで金閣だけ金ピカなん!?」っていうツッコミに終始してましたねw

洪水>
私の実家の徳島も、昔は吉野川が非常に氾濫し易い暴れ川だったので苦労していたそうな。
相当頭悩ませた結果、莫大な資金を費やして地下に巨大なパイプ見たいなの作って、雨の日でも水を逃がすことが出来るようにして問題解決したそうです。(それまで床上浸水も当たり前だったのが、さっぱり無くなったレベル)
昭和時代まで吉野川がそれでしたから、堤防があっても「無理な物は無理」っていう技術レベルだったのかもしれませんな。

No title

俺もそれは同感
日本の・・・なんていうんだろう・・・うーん
静かで安心が出来て、それでいて存在感があるそういう美しさが俺は好き
たまにブログに書くけど縁側とか、もう最高です

それはちょっと焦るな
俺だったら全力全開で逃げるよ、うん
だって怖いものwww
プロフィール

千石サクラ

Author:千石サクラ
◆1993年3月30日生。B型。
鳥取県出身、京都市在住。
高校在学中、講談社にて新人賞を三つ受賞する。電子書籍『BOX-AiR』に処女作が掲載され、作家となる。
◆高校を卒業後、上洛する。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

現実の非常口

がたごとミュージック!

空の向こうにいきたいな
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。