FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京洛二夜

鳥取に帰ってきたー。

さて、昨日二日間は京都でウィークリーマンションを探していた。
一応、いい物件は見つかったよ。
しかしそんな事を書いてもつまらないと思うので、ざっくり斬り捨てる。


けれど面白いことがあったり、名所へ行ったりもしただよ。

まず行ったのは、北野天満宮
ここは学業の神様が祀られてるだけあって、修学旅行生が多かった。
というか、何だかここは神社っぽくない雰囲気があったな。
道端に牛の像が何体か置いてあるし、賽銭箱の形も貯金箱みたいだった。

あとマニアックな疑問だけど――天神様に向かっても、『祓詞』って唱えていいの?
「――みそぎはらえたまいしときになりませる――」って、唱えてる時にひっかかったんだけど。
天神様って、伊弉諾尊が禊ぎをしたときに生まれたわけじゃないよね?


北野天満宮を出た後は、その周辺に残るお土居を見てきた。

お土居というのは、豊臣秀吉が造った京都を囲う城壁。

土塁の残骸が残っているだけかと思いきや、けっこう巨大な土塁の残骸が残っていた。
少なくとも鴨川の堤防よりでかい。
森林の生い茂った古墳を想い起こさせるような遺構だった。


その後は嵐電に乗って嵐山へ。

私は去年まで、汽車に乗ることが全く無かったんだよね。
それどころか電車にすら乗ったことがなかった(鳥取はディーゼル車しか走ってない)。
だからここ一年の旅行で、初めて列車やバスの乗り方を把握した感じ。

しかし、今回乗った嵐電はその常識を破壊するような乗り物だった。
だって、電車の中に「降ります」のボタンが設置されてたんだもん。
改札口で駅員に切符を切ってもらおうと思ったら、そんな事しなくても駅の中に入れますよ、と言われた。
というか、車輛の中に改札機があったんだよね。

その車輛も何やら古臭い代物で、たった一車輛でノロノロ走ってるんだよね。
しかも変な機械音が出てるし。
ギー、ガッチン、ビー、みたいな。
正直、乗ってる最中不安だった。

後から調べてみると、どうやらそれは途中から線路が道路上に出るらしい。
つまり、路面を走らない路面電車だったんだね。


宿に帰ると、同じ部屋に泊まってる人が物干しに洗濯物をかけていた。
するとその人は私に向かって、「これ(物干し)、自分一人で使って大丈夫ですか?」と尋ねてきた。
「大丈夫です、問題ありません」と私は答える。
すると少しだけ考えるような顔をして、「エルシャダイって知ってます?」と訊いてきたのだった。

おー。
何度かこの言葉を遣ったことがあるが、理解してもらえたのは初めてだわ。

その人は伊藤元さんといって、日本を徒歩で練り歩いている途中とのことだった。
こういう変わった人に出会えるっていいことだよね。
とりあえず奇縁ということで、Twitter のフォロワーになってもらった。


コメ返

ヒプホさん
ああ、そこまで食べ物が美味しいのですか。
私は京懐石とか、そういったものは食べませんでしたね。
だって――高いんですもの。

清水寺のスケールはすごいですよね。
私なんか、舞台しかないものと思ってましたし。
そういう意味で、私も前知識なんか無いも同然でしたよ。


ろせさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
次回を創る意欲に繋がりますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さぁ?神道とかは詳しくないからシラネ
知識としては知ってるんだけどねw

へぇ・・・さすが京都、か
珍しいものがたくさんあるなぁ

それ、向こうの人もいってるじゃねーかwwww
面白いねぇ、奇妙な偶然だ
案外、こういう出会いが続いたりするんだよね
プロフィール

千石サクラ

Author:千石サクラ
◆1993年3月30日生。B型。
鳥取県出身、京都市在住。
高校在学中、講談社にて新人賞を三つ受賞する。電子書籍『BOX-AiR』に処女作が掲載され、作家となる。
◆高校を卒業後、上洛する。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

現実の非常口

がたごとミュージック!

空の向こうにいきたいな
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。